サイトメニュー

エラは生まれつきではない

看護師

小顔になる方法を求めて様々な方法を試みていると思いますが、どうしても壁としてぶち当たってしまうのが「エラがはる」という現象です。このエラのせいで顔が大きく見えてしまうのですが、骨格と同じように生まれつきのものと思っている人が多くいます。しかし実はエラは生まれつき出ているものではないのです。確かに生まれついた骨格のせいでエラがはりやすいという人もいますが、多くの場合エラは筋肉が凝り固まったものとなります。また、通常であればほぐす事で改善できますが、エラが前に出てくるほどはっている場合、長年蓄積されてしまった筋肉のコリが原因となっているため、ちょっとやそっとのマッサージでは解決しない事の方が多いです。そのため、骨格と同じように自分ではどうしようもないと勘違いしてしまう事が多い部分でもあります。確かに凝り固まってしまったエラをほぐすとなると強い力が必要になるため、どうしても個人ですべてを解決させるのは難しくなります。そんな時に利用するのが整形美容になります。昔から「エラ削り」と呼ばれる小顔施術が行われていますが、やはり顔にメスを入れるのには抵抗を感じてしまう人が多くいます。しかし、最近になってメスを入れるのではなく薬剤を投与する事で痛みを伴わず顔に傷つける事なく施術を行うことができるようになりました。また、外側から正確に注射する部分を確認し、依頼者とも念入りにカウンセリングを行う事で失敗する件数も大きく減少させる事に成功した方法になります。そのため、簡単にプチ整形が出来る上に手術を行わない事からその日で帰宅する事もできるという人気の小顔施術が「ボトックス注射」になります。また、美容整形ではこのボトックス注射以外にもヒアルロン酸を利用して行うシワ取りも行う事ができますので、小顔になりながら手軽にケアする事ができると大人気なのです。

Copyright© 2019 小顔になる方法を知る事で理想の顔をゲット! All Rights Reserved.